A・L
プロフィール

殿様

Author:殿様
飯を作っては食うだけの穀潰し
鼻毛を抜きつつ魚の世話する
好きな音源はPCE
連絡先:cea46200@hkg.odn.ne.jp
twitter:https://twitter.com/cea46200
.

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低スペックでミドリイシを
よくあるベルリン式ではありません、ナチュラルシステムです
これでミドリイシやろうなんて、古株からは鼻で哂われそうなものですが
取り敢えずは成長するに至りました
スキマーもなければ水流調整もないリアクターもない、試薬のひとつも使わない
ゼンスイの安LED3灯とコラリア3にクーラーみの90cmオーバーフロー
水換えは二週に一度54ℓ、カルシウムとストロンチウムのみ適当に添加
ケチるにケチっても光さえあればなんとかなるものです

ともあれ左から
タコアシ、ゼニアsp、エダアワ

導入試験で買ったタコアシは2枝→6枝に増え、10枝になりそうな勢い
この導入試験をしてみて問題なさそうと買ったクリアグリーン3枝は
光が強すぎるのか1枝焼けてしまい、このタコアシの裏手のやや暗いところへ
なんとか立て直したいけどダメっぽい感じが
こんもりしている部分を\2000で買った、青い芝生と化したゼニアsp
去年末から広がりだし、およそ4倍面積に
エダアワはショップでトランペットにやられ、弱っているのを\500で4月頃
やっとポリプが開き始めたところ
最悪死滅してしまっても、ゼニアspの土台になれば…

その上、上ツツマル、右キャンディ、左・下コエダナガレ
130903a.jpg
キャンディも春先だったか
処分価格のを購入、仮置きのままモリモリ増えてあっという間に半円に
コエダナガレ二種も枝が自乗で増え両方とも8枝
ツツマルはあまり増えず2年で2枝→4枝
この辺は調子がすこぶる良い

これらの右手、水槽中央左寄り
左からスターポリプ、ミドリイシ、アワサンゴ、トサカ(不明)
130903b.jpg
移動して切れっ端になっていたスタポに光が当たり元気になった
こいつはすぐ広がるので程々であって欲しいもんだが…
導入試験(後述)を一個だめにした後の反省を活かしたミドリイシ
お陰で順調です、トサカが元気な環境なのに…
左端の白いところがよく伸びているけれど、何が他と違うのか?
アワサンゴレッドは去年6月に長期外出間に光不足ダメージを受けてから
どんどん小さくなってもうダメっぽい
それまでは拡大し復活の兆しも見せてただけに実に惜しい
よくわからんトサカはライブロックについていて
流れの強いところに置いておいたらびろびろに延び切って聊か邪魔

水槽の右端
残骸とスパインチークによくわからんサンゴ、スターポリプ
130903d.jpg
左上の取りもしないで放置してある骨格が導入試験ミドリイシ
通販の輸送に耐えられなかった
最初は下半分の共肉が吹き飛び、2ヶ月かけてジワジワと剥がれゆく
ということはなんとかなるだろうと、導入してみたのが前述のミドリイシ
なんとかなってますね、というか寧ろ成長しているし良好です
名前を失念してなんというサンゴだか忘れてしまったサンゴも
下方向に薄い共肉を伸ばし、置いた石の上に広がりだす
スタポと接触してどうなるかと思ったものの問題なし
スパインチークは何気にペアで
餌やりは2日に一度と頻繁です


しかし茶苔がひどい、テンプレから遺脱した管理もひどい
こんな状況でも巧くやっていけるのは水換えの賜物でしょう
困ったことにアワサンゴだけは上手くいかない…
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://46200.blog115.fc2.com/tb.php/93-1855116d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。