A・L
プロフィール

殿様

Author:殿様
飯を作っては食うだけの穀潰し
鼻毛を抜きつつ魚の世話する
好きな音源はPCE
連絡先:cea46200@hkg.odn.ne.jp
twitter:https://twitter.com/cea46200
.

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても放置
例大祭お疲れ様でした…ってもう一ヶ月くらい前のお話ですね
新刊委託はメロンブックスのみになっています

今年はビオトープを

なんちゃない、全部廃材利用
通販で使った梱包用発泡材に古いソイルを入れて水を張り
水耕栽培できる植物を実家から毟ってきて突き刺し、メダカは生餌から数匹抜粋
当初はホテイ草にでもしようかと思っていたがサンショウモに変更
それだけ買ってきた
素焼きの受け皿に足し水を流し込めば、ソイルが穿られずに済む
ポトスは枯れた、直射日光では強すぎるようで…
最初は日陰だったんだけど全体的に調子が悪い
それでもポトスは枯れた、室内灯くらいが丁度いいみたい

窓辺のアマモ水槽を畳んでどうしようかな?という状況
ミジンコとボララスは共生できるんだよね…
スポンサーサイト
追加と限界
この頑強な魚、水換えしていれば順調ですね
太って伸びてが目に見えてわかります

東京にブティコフェリー探しに行ったら店潰れてるわサイト情報と違うわ
ついでというには酷いスカ振りで
かわりに近場見に行ったらそこそこのサイズ売っていてこの徒労感は…
近場では見られない他の上顎種を生で見て、今後の示唆ついたのは収穫ですが
140319a.jpg
ついでにラプエンなんか買ってどうするんだ
舌の根も乾かぬうちに今後もクソもなく限界じゃないか
販売水槽がベアタンクだったからまだ真っ白
模様と面構えで選んだようなものだから、まあそこは
俗に言うバンドには固執しない、寧ろバッチリ出ているのが好きではないので
そのバンドで模様選びかと鼻で哂われるような柄ですが
ガーネットには変えず、このまま大磯
落ち着いたらどういう発色するのか楽しみです

小赤を食べるには足りないのでまだメダカ漬け
5匹にしたらおめえら一晩でメダカ30匹くらい食ってねえか?
追加前6匹にまで減っていて、販売水槽から出られて飢えてるのもわかるけどさ…
願わくば早く小赤を食えるサイズになり、財布に優しくなってもらいたいもので
追加二匹は人工餌にも速やかに慣れておくれ
-60匹くらいか
メダカ漬けにして一週間、肥ったなあ

トゥエルジーの鰭の回復も順調、頭より体のが細かったのに随分太く
牛ハツと人工飼料が好みなのか、餌取りが下手なのか
他よりもよくそれらを食べる
パルマスも背のほうがムッチリと、アルビノセネは腹が出る
目測でしか測定していないので、どれだけ大きくなったかは判らないが
俗に言われる水槽内最大くらいにはなってもらいたい処
人慣れし易いのか、たまたま環境がよかったのか
水槽に近寄ると前面に寄ってくるのは可愛いもので

大磯なので遠慮なくざくざくすると、僅か数日なのに凄い量のうんこが
100匹のメダカの他、物理フィルター未使用が原因かもしれない
肥溜めになるアレはないほうが何かと管理し易いんだけど…
また、ハツは一口サイズにしてピンセットで直接与えると
食いカスを殆ど出さずに済みます
ナマズ水槽はじめました
こいつら隠れて何処にいるかわからんのな…
目立つのはピクタス*4とエトロピエラ*2とアルビノブッシーのみ

腹減らしたシノドンティス・エプタルスが時折縦横無尽に這い回るくらいで
バンブルビーとアジアグラスは姿も見れず、レイアウト失敗を痛感す
売り場のベアタンクは実に優秀な参考例
餌ぶんくらい姿見せるのがお前らの仕事だと言っても聞く耳が物理的に無く
無為にひかりクレストミニキャットを消費していく
増やしたピクタスがえれえ勢いで泳ぎ回るので気にならなくはなったけれど
このピクタス、一匹よりは数匹纏めて飼ったほうが落ち着くようで
1匹のときと比べても動きに差が見て取れる程
けれど10cmくらいになるんだよね、こいつら…
過密です

というのは2週間前の話で、舌の音も乾かぬうちに小型ポリプテルスの水槽を始める
60ワイドで3匹
 アルビノセネガルス ショート
140212c.jpg
魚肉ソーセージ
ブリードの為か水槽順応は早い、入れてすぐあちこち泳ぎ回るように
過密や混泳の売り場と違い、こんなにも泳ぐ魚だったのかと思い知らされる
いい方向に想定外
 トゥジェルシー
140212d.jpg
体と食が細くていきなり困る
サイズは他の2匹に劣らないも、元々細長いタイプで頭は他の半分程度
メダカ食えるのか不安、こいつだけ別にアカムシスタートかな?
ミニキャットはギリギリ呑める大きさだもの、他と比べて食も細いか…
鰭怪我&ちっちゃいだけにトゥジェルシーとは思えぬ程安かった
 パルマス
140212e.jpg
いろいろ調べて見て回って、ムッチリボディと色柄でこの種を選ぶ
よく泳ぐと記載されている通り、セネガル程ではないが泳ぐ
140212b.jpg
この腹がいいよね、腹が
30cm程になったらどんな腹を見せてくれるのか楽しみ
魚と砂利の比率からサイズ推定できるように皆稚魚で
小さいままは困るからメダカ漬けにしないと
ここに追加するとしても上顎系一匹か残餌処理ドジョウ系くらい
混泳にと上層魚入れるつもりは毛頭無く
セネガルがあれだけ泳ぐとね…

写真だけでビキール・ラプラディも考えたが
下顎やるには水槽サイズの無理と現物がまるで動かないのを見て察す
何もしておりませヌ
クリペア、左のが逝きました
名称未設定 2
原因は頭蓋骨骨折
元々やたらと臆病な個体で、普段からビビリがかなり入っていた
何に驚いたのか隣の水槽の親魚が暴れているかのような勢いで、布の奥で大暴れ
翌朝には挙動がおかしくなっていた
夕方には逝っていたので、取り出して死因を調べると
グニャリ
少し頭を抱える死因でした
大水槽に入れる以外でどう防げばいいのかね…

奇形を間引いた以外で死なせたのはこれが初
水槽設置場所や環境にもズ太く適応する魚だと思っていたけれど
たまたまアタリを引いていただけのようです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。